ハイゼット

トラックと一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。
使用目的に応じて適したサイズは異なりますし、
コンテナに特定の機能があるトラックや、走行性などにも違いが表れます。
ダイハツのハイゼットは、現行のダイハツのトラックの中で最も古くから販売されているモデルで、
様々な目的で使われている人気車種ということもあり、
中古トラック市場でも高値で取引されているトラックとして有名です。
 

 

非常にバリエーションが豊富で、一見同じように見えても販売時期によって細かいポイントが異なるので、
購入する際は入念なチェックが必要です。

 

ハイゼットが始めて販売されたのは、1960年ごろで、そのころは軽トラックのみが販売されました。
続いてライトバンタイプの販売が開始され、
4年後にはフルモデルチェンジされた2代目が販売されました。
3代目には電気自動車タイプが販売されるほか、時代と共に新しい機能を搭載し、
最新モデルの10代目は、2004年に発売されて以降、マイナーチェンジを繰り返して、
2015年には特別仕様車の「デッキバンGリミテッド」を販売しました。

 

ハイゼットはとにかく数が多く、
同モデルでも年式によってマイナーチェンジされているものも多く、
一見同じでも価格に大分差があることも珍しくありません。
走行性の差はもちろん、
荷台の使いやすさや標準装備されている機能の内容も変わってくるので、
実物のチェックと仕様の確認だけは絶対に忘れないようにしましょう。
また、様々な使用目的に対応できるので、前の持ち主が何に使っていたかによっても、
パーツの状態などに違いが出ることが多いので、
細かいパーツの確認も怠らないようにしたいところです。

キャンター

三菱ふそうでは、様々なタイプのトラックを販売しており、それぞれ違った個性を持っています。
キャンターは1963年から販売が開始された小型トラックで、
三菱ふそうでは唯一欧州で販売されているトラックです。
そのため日本国内ではもちろん、海外でも広く使われており、
様々な場面で活躍できる万能トラックとして有名です。
中古市場でも特別人気を集める車種で、在庫数も非常に多いので、
購入する際は細かく状態をチェックしておかないと、
年式による性能の違いや使用しているパーツの劣化具合に気付かないまま購入してしまうことが多いです。

 

キャンターは1963年に初代が販売されてから、
全部で8回のフルモデルチェンジを行なっており、その間のマイナーチェンジもかなりの回数が行われています。
排ガス規制への対応やステアリングの設定変更など、
時代に合わせて細かい変更が行われており、
基本的には同じモデルでもマイナーチェンジされたもののほうが、
性能が向上している分価格が上がりやすいので、
購入する際はマイナーチェンジされた年式についても調べておいたほうが良いでしょう。

 

今キャンターを中古で購入するなら、最新モデルである8代目を探したほうが、
中のパーツなども劣化が進行していないものが多いので、より長く使うことが出来るでしょう。
一番最初の8代目が発売されたのが2010年のころですが、それ以降のマイナーチェンジでは、
4WD設定の追加やエコハイブリットモデルの仕様変更などが行なわれており、
燃費にも差が表れることもあるので、購入の際は製品仕様を確認した上で、
維持費の違いについてもチェックするのをオススメします。